« 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月11日 »

2007年10月10日 (水)

vol.43 自然七訓は血流を良くする

 当り前の事を言うと「何だ、当り前じゃないか」と馬鹿にした様に鼻を白ませて言う人がいる。それは、その人が莫迦なのである。当り前の事が全然出来ていない人に限って、当り前を馬鹿にする。当り前がどれ程難しい事であるかが、全く判っていないのである。小難しい理屈を捏ねて「俺は頭が良いんだ」と思い込んでいる人には教えて上げよう、忠告して上げよう。
「貴方の言ってる事は生活実態のない、実行の伴わない唯の屁理屈である」と。
 当り前の事とは自然の事である。その自然から外れた、アブノーマルな言動は、変わっていて、興味を引くものであるかも知れないが、破壊の精神である。いずれ、破壊、破滅へと向かう。間違いない。
 当り前の哲理は人間の基本である。基本であり、それを修得する事はその人を素晴らしい人間へと創り上げていく。当り前の生き方は基本であり、その完成は究極の到達点でもある。俗に言う悟りの域なのである。
 私の著した本の中に自然七訓というのがある。此処で紹介して置こう。

       自然(じねん)七訓
一、自然(じねん)とは自然(自念)の事である
二、自然とは当然(あたりまえ)の事である
三、自然とは自らを然(しか)りとする事である
四、自然とは己れを捨てて人の為に念ずる事である
五、自然とは今日を生き明日死する事である
六、自然とは大我大欲を以て生きる事である
七、自然とは全宇宙の摂理に融け込む事である
  (詳しくは(株)企画出版天恵堂版『ホント八百』参照)

 この七訓を朝、顔を洗う時洗面台に貼って置いて唱えて下さい。
 歯を磨き顔を洗い終ったら、先ず洗面鏡に向かって、にっこり笑い、七訓を朗々と楽しく唱え、唱え終ったらもう一度鏡に向かって、にっこり笑って見よう。笑顔が変化している筈だ。血流が良くなり、頭がスッキリして来る。スッキリして来なければ、もう一度唱和、笑顔。
 これで万全だ。今日も一日楽しく頑張ろう! つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月11日 »