« 2008年12月4日 | トップページ | 2009年1月6日 »

2008年12月12日 (金)

vol.90 人の災いは自分の災いである

       ××××        ××××
 猛威を奮った普賢岳噴火は麓の町や村を呑み込み、その火砕流は有明海に迄達した。
 農業は疎か漁業、観光業と多大な被害を蒙った雲仙・島原地方は廃墟の態を様していた。人々の心は荒み絶望感に苛まれていたが、何時迄もクヨクヨしても仕方がない。何か出来る事から、皆で手を組んで復興に向けて頑張ろうという人達が復興ビルに集まり始めた。復興ビルの屋上には「手をつなごう、愛ある故に人は輝く」と大きく書かれた看板が掲げられている。その看板に吸い寄せられる様に人が集まり、連日の様に復興実現の為の策が練られ、実行されて行ったのである。(詳しくは拙著「ホント八百」に記述)
       ××××        ××××
 普賢岳噴火に依る火砕流は、地震学者の測定結果に依り完全終息宣言が出された。
 丸五年の月日が流れていた。やっと自分の土地に帰れた人達は家屋の修復や家業の立て直しと、復興の道を目覚しい勢いで遂げて行った。人々の目は輝き生き生きとしている。
 人は死ぬ思いをして、生きる喜びを知る。死にたいと思って、生きたいと思う。生き延びて生の尊さを知る。
 災い転じて福と為す。災いを享けて、始めて人の情を知る。人の有難さを知る。
 見ず知らずの人達が励ましの手紙や寄付を送って呉れた事を、決して忘れてはならない。
 人の災いは自分の災いである。他人事ではない、我が事として人を助けねばならない。
そうすれば、そうする事が我が魂の磨きとなり、大きな大きな広い広い人間に成長して行くのである。
 暖かい心、そして清き心が地域を救う。その愛が大きくなって――やがて、地球を救う。
       ××××        ×××× 
 雲仙普賢岳噴火に依る被災は、島原市長の「完全復興宣言」に依って幕を閉じた。
 実に、男の予想通り、丸十年を経ての復興であった。
 道路や橋や建物は修復され、美しい水や緑に恵まれた、風光明媚な、ふる里が復活した。観光客も戻り、人も町も活気に溢れ、前にも増して素晴らしい国と成ったのである。
 復興宣言の翌日、男とその仲間達は普賢を去った。十年の想い出と共に、島原地方から消えた。      つづく。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月4日 | トップページ | 2009年1月6日 »