« 2011年8月10日 | トップページ | 2011年10月11日 »

2011年9月 7日 (水)

隆明の時事考現 33

33.どう頑張れば…

 間もなく東北大震災から半年になる。集団避難所から一時的住居に大半の人が移る事が出来た。やっと家族だけの部屋、生活空間が出来たのである。
 全国の受け入れ先に散って行った人達は、見知らぬ土地での生活に戸惑い乍ら、不安の日々を送っている。一体、何時になったら故郷に戻る事が出来るのか……
 二十年前の普賢岳災害は十年の才月を経て、完全復興宣言に至った。火砕流流域地帯は、噴火鎮静宣告が出来る迄の丸五年間、生家及びその一帯に立ち入る事も出来なかった。五年もの間、為す術もなかったのである。
 やっと自分の家や土地に戻れた人達は、その荒れた瓦礫を前に茫然と立ち尽くした。
 それから五年。復旧復興は目覚しい勢いで進み、大火砕流から十年、やっと元の生活に、否、災害前にも増して素晴らしい町造り、村造りに発展して行ったのである。人々は災害に依って、力強く逞しく再生したのである。

 東北災害では原発洩れを抱えた福島が、島原の様に復旧が遅れるだろう。
 放射線洩れが止まらない限り、住民は我が家に帰れない。故郷に帰れない。
 何時か帰れる日が来た時、又、新たな絶望感に見舞われる。
 荒れた土地と家、一体何処から手を着けたら良いのか……それでも、人はやがて復旧に向けて一歩一歩、歩み出す。どんなに荒れていても、矢張り生まれた土地、育った故郷が良いのだ。故郷を愛しているのだ。故郷が命なのである。

 災害に依って土地や家、家族をも失った人の嘆き、悲しみ、絶望感は――その当事者しか分からない。測り知れるものではない。
 
「頑張れ、頑張れ」の声援や応援も、悲嘆にくれる人達にとって、却って絶望感を増す事もある。

「何を、どう頑張れと言うのだ、妻と子供を返してくれ…」と、独りぼっちになった夫が呟いた。  

                                         つづく。

 

| | コメント (0)

« 2011年8月10日 | トップページ | 2011年10月11日 »