« 2012年3月12日 | トップページ | 2012年3月19日 »

2012年3月15日 (木)

もう一つの戦争 番外3

3. 荻外荘(てきがいそう)

 3月11日、東北大震災一周年の慰霊祭のTV中継を観終わると、俺らは妻と二人で荻窪に向かった。
 その日は2月11日に逝った叔父の月命日である。
Photo_5  夕刻の荻外荘の門は、何時もと違う荘厳さを感じた。
 告別式の時は、叔父の棺を乗せた車が此の門を出て行くのを、邸内から見送った。出棺は、我が息子隆道が親族と共に車に乗せた。後に感想を訊くと、「重かった」と一言。
 本門が堅く閉ざされているので、横の潜り戸を潜る。我等夫婦が5時に来るからと、潜り戸のロックは解除されていた。

Photo_7  ほっと一息つける様になった今日、叔母と叔母の弟、そして甥夫婦の4人で夕食会となったのである。第一回 の叔父を偲ぶ会と言った所か……。
 正式な「近衛通隆を偲ぶ会」は4月5日、霞山会主催で霞が関の、霞山会館最上階で催される。
 日中親善の為に色々尽力、貢献をした、霞山会名誉会長近衛通隆の偲ぶ会に相応しい、最上階でのお別れ会であり、送り会でもある。
 派手嫌いの叔父にとっては、ちと面映ゆい……かも。

                          つづく

(写真は開門時の荻外荘 夏)

| | コメント (0)

« 2012年3月12日 | トップページ | 2012年3月19日 »