« 2013年10月24日 | トップページ | 2013年11月8日 »

2013年10月31日 (木)

隆明の思いつくまま5

5.害を撒き散らしているのは…

 間違った教育は間違った親の生き方に根っ子がある。それでも此の大女優は、間違った愛、盲愛ではあっても愛は愛、子を愛している事に違いはない。故に、修正する可能性はある。子と共に罪を償い乍ら、家庭家族を原点から見つめ直し、一から出直さなければならない。未だチャンスはある。十分チャンスはある。そして、この女優は“本当の愛”を表現出来るアーチストとして、世に再来するか。今、少しづつドラマに復帰しつつあるが、果して本物なのか。家庭の事、家族の事を一番大切に出来ての復帰なのか。人の噂も何とかで、ほとぼりが醒めたので出て来たのではない事を祈る。真実の元に溢れ出て来る演技であって欲しい。人間の屑が演技をするのではない、人間の宝石が演技をする、其処に真の感動が生まれるのである。此の女優は悪役を勉強すると良い。悪を演じる事に依って、真逆の善が見えて来る。唯善を綺麗事に演じるのではなく、悪を通じて真の善が見えて来る。さすれば、絵空事ではない真の正義、愛の深い女神を演じる事が出来るであろう。
 災い転じて福となる。心機一転、精進して正真正銘の大女優に返り咲いて欲しいものだ。

 絶望的なのは、今をときめく大司会者の信じられない発言である。
 息子の逮捕直後のインタビューに、大司会者は悪びれて、
“30才を過ぎた人間は親子であっても別人格、自分には関係ない”と言い放った。よくもこんな人間が報道番組で芯を張って来たものだ。TV局も、よくもこんな人間を看板キャスターとして奉って来たものだ。その局では「天皇」として崇(あが)めているとか、いるとか!
 もっと呆れたのは
「そうだ、そうだ彼には責任はない、いちいち責任を取る必要はない」と気の毒がり、慰め励ます芸能人、コメンテーターがいる事だ。何処か、自分にも後めたさが有るのか? そんな人間がキャスター同様、人を批判し、もっともらしく人道を喋り、それで飯を食っているのだから、呆れを越えて絶望を感じる。
 それを見聞きする視聴者への悪影響も大きい。公害である。災害である。
 その害を撒き散らしているのは他ならぬ、TV局を始めとするマスコミである。そのインタビューから一カ月経った記者会見で、時の人は何と!!   
                 つづく。 

| | コメント (1)

« 2013年10月24日 | トップページ | 2013年11月8日 »