« 2014年2月28日 | トップページ | 2014年4月1日 »

2014年3月 7日 (金)

隆明の思いつくまま 10

10.天が地球を淘汰する

 やがて……30年前から言い、書き続けている事であるが、我が国は地獄に堕(お)ちる。我が国丈ではなく世界全体の危機になる。天災という天罰も伴って、淘汰の時代に入っている。
 人の我利我欲は益々非道くなり、人に対する懐疑心は、自分を護る為に益々募り、やがてそれは戦争へと繋がる。
 一方、破滅に向かう精神とは真逆に人を救おうとする“愛”の精神も、そのパワーを強めつつある。
 破滅に向かう精神と愛を育む精神、その「戦争と平和」という真逆の行動が、今に衝突(ぶつか)り、どちらに軍配が上がるか。
 破壊、破滅の精神は、武器を以て、人々を容赦なく殺戮(さつりく)し、あらゆるものを略奪する。
 殺害武器を持たぬ愛のパワーは、その平和は戦争に勝てるのか。
 残念ながら、過去の歴史に於いても、今も殺人兵器に愛が勝ったという例は無い。
 世界に誇る黒沢明の名作「七人の侍」では、盗賊集団に襲われる村を救おうと、村人達に戦い方を教え、共に戦う七人の野武士達の姿を描いているが、その我が身を犠牲にして村の為に戦う、正義の味方に世界の人が感動した。
 こういう弱者を救ける為に立ち上がる勇者、ヒーロー、スーパーマンの創作は、どの国にも有り、喝采を浴びるのだが、これとて「目には目を」武器には武器をであって、武器を持たぬ平和のパワーで、暴力に勝った試しは少ない。
 仏陀やキリストでも、愛を以て武器に勝つ事は出来ない。出来ていれば、とっくに世界は平和になっている。
 
 それでも勝つ方法はあるのか
 ある あるのだ
 それでなければ確実に人間が人間を滅ぼし
 天が地球を淘汰する。さて、その方法は…… 
               つづく。

| | コメント (2)

« 2014年2月28日 | トップページ | 2014年4月1日 »